看護×英語を仕事にしよう!

英語力があれば外国人とのコミュニケーションが可能になる

外国人とコミュニケーションに必要

外国人とコミュニケーションに必要

LINEで送る

グローバル化が進む日本

現在日本には多くの外国人が住んでいます。観光に訪れる外国人もいるので、この人たちが体調を悪くした時に英語でやり取りをすれば素早く処置してあげることができますよね。外国人の多い地域や都市部では特に英語力のある看護師の需要が高くなっています。日本全体としてグローバル化が進んでいるので、それにあわせて看護師の英語力は重要なポイントとなってきていますよ。

どんな場所で必要になるか

英語力が必要な場所としてまず思いつくのは、外国人の出入りが多い空港や港ですよね。あと、海外旅行に同行するツアーナースも英語力が必須となるでしょう。ツアー先の海外でお客様の体調に異変があった時に、現地でコミュニケーションをとるための英語力が必要です。そのほかだと、ホテルの医務室や医療器具メーカーで働く看護師にも英語力が求められます。地方であっても外国人は必ずいるので、英語力があるに越したことはありませんね。

病院勤務でも必要

通常の病院でも外国人が来院することはもちろんあります。外来だけではなく入院が必要なこともありますよね。その場合、入院する外国人は一日中病棟にいるわけなので、そのなかで多くのコミュニケーションを必要とします。規模の大きい病院だと通訳を雇っていることもありますが、通訳もずっと病院にいるわけではないので、緊急時には直接コミュニケーションをとらないといけません。スマホの翻訳アプリなどもありますが、時間がかかるうえ意思が伝わりにくいというデメリットがあります。
英語でコミュニケーションをとる必要がある場面を挙げていきます。まずは別の病棟へ転棟する時です。ただ「別の病棟に移ります」とだけ伝えるだけではなく、「荷物はどうすればいいのか?」などといったことを説明してあげないといけませんよね。あと、患者本人だけではなく、そのご家族とのコミュニケーションも発生します。特に終末期の患者とそのご家族に接する場合、デリケートな内容を含む会話が多くなりますよね。相手は非常に不安な気持ちを持っているので、そんな状態で会話もままならないとなると多大なストレスを抱えることになってしまいます。なので、適度な声掛けをして少しでも不安を和らげてあげるようなコミュニケーションを英語でとることが求められます。英語力がないと微妙なニュアンスが伝わらないので、内容を誤解してしまうかもしれません。病状の説明などは相手にちゃんと理解してもらう必要があります。日本語でも丁寧に伝えなければいけない部分なので、英語となればより一層丁寧に伝えるように努めないといけませんよ。

英語力のある看護師に人気!