看護×英語を仕事にしよう!

看護師が英語力を発揮する職場

英語力がある看護師が活躍できる職場とは?

英語力がある看護師が活躍できる職場とは?

LINEで送る

臨床看護師

英語力を活かせる仕事としてまず挙げられるのは臨床看護師ですね。様々な病棟や配属を超えて活躍できますよ。英語しか話せない患者が来た時に対応していくことになります。聞き取りというのはたとえ日本語でのやり取りだったとしても時間を要するものですよね。そのうえで英語でしかコミュニケーションが取れない状況ということなので、英語力のある臨床看護師は非常に需要のあるポジションです。通訳を介さずとも対話ができるので、意思疎通をしながら患者の疑問に対する回答や治療の説明がスムーズになります。これからさらに需要が高くなっていくことが予想されますよ。

イベントに常駐する看護師

最近は外国人を誘致して開催されるイベントが増えてきているので、イベント会場に常駐する看護師の需要も高いですよ。国際会議などのイベントに常駐して、体調を悪くした外国人の対応をする仕事ですね。イベントの会場内に設置されている医療ブースに待機して、救護が必要になった際に動きます。イベントを主催する側の危機管理において重要なポジションを担う仕事ですね。

企業で働く看護師

企業内の看護師も英語力を活かすことができますよ。特に外資系の企業だと、外国人の役員や職員が多く来社するので、英語力が必要です。企業に設置している医務室や健康管理室に常駐する業務だけではなく、社員として海外の顧客に営業を行ってビジネスを動かす仕事もありますよ。製薬会社や医療用品メーカーなどがそれにあたりますね。これらの仕事は高い英語力が求められる分、給与も高い傾向がありますよ。

観光地にある病院

観光地にある病院も英語力が必要ですね。日本を訪れる外国人観光客は年々増えてきていますが、日本語を話せる外国人は少ないです。具体的なところを挙げると、京都や奈良、広島、神奈川などは外国人に人気のスポットが多いですよ。そんな外国人の方々と意思疎通ができる看護師はとても需要が高いです。旅行で慣れない環境に来たことで体調を崩す外国人も多いので、そんな人たちの役に立つことができますよ。

空港にあるクリニック

特に外国人の出入りが多いのは空港です。そのため、空港内クリニックで働く場合は英語力が絶対に欲しいところですね。空港で働く人だけではなく、空港を利用する旅行客もクリニックを利用することになるので、外国人観光客が体調を崩したときには英語で対応をしていきます。航空機搭乗による特有の疾患などもあるので、ある程度専門的な知識も必要になってきます。容態が急変した患者の初期診療なども行いますので、英語力だけではなく幅広い看護スキルも必要ですよ。

英語力のある看護師に人気!